ホーム > 事故の後遺症 > ガーデニングといえば、バラ

ガーデニングといえば、バラ

 

暖かくなってくると、ガーデニングしたくなります。


事故にあったのもこのような暖かい日です。


交通事故にあい私は保険を使うことになりました。


保険屋さんもまめに足を運んでくれ示談までそんなに時間が掛からずすみました自動車の保険は入っているのと入っていないのでは全く違うことがわかりました。


任意保険は年会費がかかって無駄だなと思っても入った時期もありましたが入っていてほんとに良かったと思います。


おきこんでいるときに元気ずけてくれたのがバラ。


私は特にバラが好きで、色んな種類のバラをちょこちょこ買ってきては庭に植えています。


すでにもう庭に植わっているのに、どんどん買ってきてしまうには理由があります。


私は一人で外に出ることができないのです。


交通事故の後遺症で足が不自由です。


歩けるのですが後遺症のせいで人と遭うのがこわくなってしまいました。

参考(むち打ちでやなんでいるかた)


交通事故は生活を変えてしまう悪魔です。


でも変わらないものもあります。

それは花が好きだということ。



バラは非常に多くの種類があります。

ただ一つの色だけでなく、咲いて枯れるまで色の変わるものや、グラデーションが綺麗なもの、形もひとつではありません。


つい変わったものを見つけてしまうと、買ってしまうんですよね。


バラは思っている以上に手間のかからない花です。

冬はそのままでいいし、ちょっと剪定して花により多く栄養がいくようにしてあげるだけです。


庭に多くのバラが咲いていると、なごみます。

バラに合わせた庭づくりまでしたくなってしまいます。


根強い人気のあるバラには、多くの魅力が潜んでいます。